アマ笛
HIROSAKI AIR × 下川原焼 窯元 阿保正志

しあわせを呼ぶアマ笛

江戸時代に生まれ、およそ200年もの歴史を持つ、弘前の伝統工芸・下川原焼土人形。
新型コロナウイルスの影響はここにも及んでおり
下川原焼 窯元 阿保さんの工房でも、注文のキャンセルが相次いでいる状態です。

そこで、Hirosaki_AIR(弘前エア)は、コロナ終息を願い、
妖怪「アマビエ」をモチーフにした新商品 「アマ笛」の制作をお願いしました。

アマビエデザインの商品は数多く販売されていますが、「鳴く」アマビエは全国初かもしれません・・・。

ノアの箱船の話では、鳩は窮地に立たされた時に、希望の光に気づかせてくれました。

それが由来で世界的にも愛と平和の象徴として知られています。
アマ笛の素朴な鳴き声で、コロナがいち早く収束し、皆さんの心が少しでも癒されればと願っています。(HIROSAKI AIR)


サイズ:約6 × 4.5 × 2.7cm


HIROSAKI_AIR (弘前エア)
創作活動を軸に弘前と世界をつなぐ取り組みを実施してるプロジェクトチームです。「アートを街に拓く」をテーマに、日々の生活の中にアートを取り入れ、多様な視点から弘前とそこに住む人々の新しい魅力を発見していくための活動を行っています。
国内外のアーティストが弘前に滞在しながら制作活動を行える環境を提供し、その様子を広く公開していく拠点として、「HIROSAKI ORANDO(弘前オランド)」内に滞在型展示・制作スタジオを今後開設予定。創作活動の拠点として、また、アートを通じて「人」と「もの」が行き交う交流の場を作っていきます。


- 下川原焼 窯元 阿保正志 -
昭和42年青森生まれ。
2001年から故・高谷清治に師事し、およそ200年の歴史を持つ下川原焼土人形の制作を始める。制作を通し、郷土の文化伝承と普及に尽力した功績が讃えられ、2017年に青森県伝統工芸士に指定される。
販売価格
1,760円(税160円)
購入数