フラワー Gardener
i-gami [アイガミ] / 幾何学

折り紙に”inspire”されてできた、カナダ生まれの構成キット

i-gami(アイガミ)とは「折り紙に触発されて」できたカナダ発の3D曲面も作成できる画期的な構成キットです。
各キットでは、パッケージイメージの作品を作ることができる他に、創造力を活かしてオリジナルの作品を作ることも可能です。
アイガミは、ブロック遊びのお子様から幾何学モデル制作の研究者まで、幅広く楽しめる新しい構成キットです。

フラワー:57ピース
対象年齢:6歳以上 パッケージサイズ:


アイガミの遊び方
5種類のパーツ(各パーツは、最大8色)で、パチパチと突起を穴にはめてつなげていきます。
パーツはプラスチック製で、何度でもはめたり外したりでき、最大の特徴である山折り谷折りができます。

ピースの組み合わせを考える中で創造力、独創性が生まれます。
ピースは簡単に組み 合わせることができ、従来の商品にはない独特で立体的な形を作り出すことができること特徴です。また、展開図形の学習にも活用でき、軽量なため持ち運びにも便利です。

アイガミの安全性
樹脂のみを使用し、軟化剤は使用していません。食品を包装するためのプラスチックと同じ素材です。
食品テストはもちろん、製品の安全性も、CE, EN-71, ASTMなどのテストで保証されています。

i-gami(アイガミ)の名前の由来
試作品の段階では、「おりがみ」を短くして、"gami"と呼んでいたのだそうです。
商品化して名前を付けるとき、折り紙に霊感を受けたという意味で、インスパイアの"I"を前に付け
"inspired gami"という意味で命名しました。
また、i-gamiは、逆から読むと"imagi"になるというのです。
どんなイメージでも作ることのできるキットという意味もあるということです。

アイガミはどうしてできたか
アイガミは、イスラエル生まれのボアーズ・アクセルラッドさんの考案によるものです。
ボアーズさんは、幼少時代イスラエルで近所の日本人から折り紙を教えてもらい、その楽しさに魅了されたそうです。そしていつか折り紙に似た、自分のオリジナルのキットを考えたいと思っていたそうです。
大人になってからプラスチック設計技師として、カナダでクライスラーやホンダの自動車パーツ設計の仕事をする傍ら、何でも作れるプラスチック折り紙ができないかと試作し始め、仕事で出会った金型会社の社長、ジェリー・パスコさんと共同で開発して製品が完成したのです。

受賞歴
TDmonthly's Innovative Toy 2007 Award・Dr.Toy 2007 100 best
iParenting Media Awards・Toy Categories of 2006 Award
Dr. Toy's Awards10 Best Creative Products受賞
定価 1,080円(税80円)
販売価格
756円(税56円)
購入数