Spectator スペクテイター vol.42

特集:新しい食堂

特集:新しい食堂

昭和の時代に開業した大衆食堂が時代の移り変わりとともにその数を減らすいっぽうで、独自の味やサービスを提供する「新しい食堂」が増えています。
地域の人たちに愛される食堂はどのようにして生まれ、運営されているのか? 都内で人気の4軒の食堂の店主に、じっくり話をうかがいました。
旨い、安い、早いだけじゃあダメだ。いつも変わらぬ美味しいメニューで心とカラダを満たしてくれる「新しい食堂」が、ぼくらには必要なんだ!

◆ 食堂は人なり 

撮影/安彦幸枝  画/TACT SATO

《ウナカメ》丸山伊太朗
「ブリコルールの場所」構成と文/東良美季

《按田餃子》鈴木陽介&按田優子
「ふつうの味が あたらしい」構成と文/青野利光(本誌)

《マリデリ》前田まり子
「ブッダボウルは自由の味がする。」構成と文/北尾修一

《なぎ食堂》小田晶房
「当たり前のようで、特別な店の在り方」構成と文/赤田祐一(本誌)

◆「かわらばんくんと読む 食堂早わかり画報」
構成と文/編集部  作画/三好吾一

◆漫画「食堂幸福論」
構成と画/物干竿之介

◆「食堂開業心得帖 D.I.Y.と はったりの店づくりハウツー」
文/いとうやすよ(ヴィーガンカフェバー Loca ★ Kitchen 店主)  イラスト/菅野公平  撮影/伊藤和馬

◆「結局、食堂って何?」
文/遠藤哲夫  画/東陽片岡

◆「ブックガイド もっと食堂を知るための本」
構成・文/編集部


※こちらの商品はネコポスでの発送が可能です。
※ネコポスは厚さ2.5cm以内になります。複数アイテム購入の場合は佐川急便からの発送になります。
販売価格
1,080円(税80円)
購入数