Modern Sadness / 仲良しバンド
TACOMA FUJI RECORDS [タコマフジレコード]

Modern Sadness / 仲良しバンド designed by Ryohei Kazumi

 Modern Sadnessは1977年の数ヶ月間だけ活動した5人組のコミックバンドである。
ミニアルバム「仲良しと夜明けの朝に」を発表し解散した。この「仲良しと夜明けの朝に」は
カルト的人気を誇ったが、メンバーについての一切の情報がなく、解散済みを伝える手紙に添えられた
デモテープを面白がったレコード会社が発売しただけで、バンドについての情報は長らく齎されなかったが、
発表から25年後の2002年にマッドジャズの創始者であるアンディ桑原が自伝「曙光」において、
自らがModern Sadnessのフロントマンであったことを認め、それまで謎に包まれていたバンド結成の秘話を語り、
CD盤が発売されたことも手伝ってか広く周知されるに至った。

 今回は「曙光」を補助線としつつ、アンディ桑原にとってModern Sadnessとはなんだったのかを考えていきたい。
桑原を知る読者諸兄においては退屈な回となってしまうかもしれないが、2010年代も後半に差し掛かる今こそ、
若い世代に桑原が開拓したマッドジャズ、そしてその始まりであるModern Sadnessというバンドの存在を
知ってもらうきっかけとなれば幸いである。

 アンディ桑原は青森の農家に5人兄弟の末っ子として生まれる。
上の兄弟とは年が離れており溺愛されて育つが、生まれつき体が弱く、酷く内向きな性格だったことから
父親のスパルタ教育によっていくつもの運動をさせられていたという。
そんな桑原を見兼ねた祖父、彌次郎が自身の趣味でもあったサックスを勧めたことから、音楽にのめり込んでいく。
桑原の代名詞であるマッドジャズはサックスの先に農作物を挿した演奏方法から、観客が野菜についた泥と
その狂気染みたスタイルからつけたものである。使用する野菜は主に実家から時期に合わせた
旬で新鮮なものを取り寄せており、野菜の出来に納得できず演奏を中止することもあり、
農作物に対する並々ならぬ想いを持っている。[1]
ライブ終了後にはバンドメンバーや観客に、使用した野菜を使った料理を振舞う。60本のゴボウを
サックスに挿して演奏した89年の「根っこじゃないのよ米兵さん」を生涯ベストアクトのひとつとみる
識者も多い。(Live In San Franciscoに収録)

 Modern Sadnessに話を戻そう。
「仲良しと夜明けの朝に」発表の77年はピンク・レディーの躍進やキャンディーズの解散、
プレスリーの死去といったトピックの中、ポピュラーミュージックは円熟を迎えファンクや、
やがて来るディスコブームを待つ年でもある。桑原がマッドジャズとして人気を博すのが80年代の終わり頃であるため、
この頃はアンダーグラウンド(土の中)で研鑽を積んでいた時期にあたり、その演奏スタイルも独特なものである。
桑原のサックスに合わせてメンバー四人のおしゃべりが延々と流れ、その会話は取り止めがなく、会話が通じない箇所も多い。
哀感を誘うサックスのメロディーラインがギャップを誘い、巷ではコミックバンドと分類されていた。
特に紅一点である女性の甲高い声が特徴で、コアなファンからは「キャンちゃん」の名で親しまれていた。
以下は、収録曲である。

Modern Sadness / 仲良しバンド
「仲良しと夜明けの朝に」
1 20時の時計台で
2 所詮愛して
3 君の陽炎
4 ぼくがいる
5 仲良しと夜明けの朝に

桑原の自伝「曙光」にてModern Sadness結成、解散の顛末、そして女性の声が亀倉サラ[2]であったことが語られている。
その暴露とも取れる内容に怒り狂うファンも一定数いたそうだが、
これぞ桑原と自伝発表後のライブツアーは完売が続いたそうである。その核心となる部分を桑原はこう述べている。

サラと別れた後、俺は悲しみにくれ何もする気にならなかった。半年くらいは死んだように生きていた。
でも、ある日サラがフルヌードジャズとかいうストリーキングに影響を受けた阿保なバンドを始めたと聞いて、
馬鹿馬鹿しくなったんだ。そこから俺はサラのストリーキングを俺なりに解釈した曲を作ろうとしたんだ。
俺たちが付き合った3年を乗り越えるためにも、そしてサラにだけ分かる決別のサインとしてな。
あいつを丸裸にしてやろうって魂胆ももちろんあった。それで俺はサラと付き合っていた頃
に内緒で録音していた会話を使って曲を作り始めたのさ。メンバー5人といっても実はサラ以外の声は全部俺の声なんだ。
(中略)若気の至りで作った曲だったが、楽しかったんだ。その頃からかな、自分の内に眠る感情と向かい始めたのは。[3]

自らの内に眠る狂気との付き合い方を模索始めたのがModern Sadnessの始まりであり、
失意を癒す目的で作られたバンドであることが語られている。そしてバンドの名前とは裏腹に
メンバー5人などおらず、たった独りで作り上げた決別の曲に「仲良しと夜明けの朝に」という皮肉の効いた
題名をつけるという、この上なく泥臭くそして酷く歪んだ男の悲哀が見て取れる。今回紹介している
アートワークは桑原がデモテープとともにレコード会社に送ったものであり、オリジナルのジャケットにも採用されている。
サラ以外のメンバーは顔が判別できないほどに歪み、怪物であるかのような顔のパーツが増殖したり、肥大している。
桑原はModern Sadnessの音楽が酷く歪んだものであると心のどこかで理解していたのではないだろうか。
その想いからあのアートワークを制作したのではないだろうか。残念ながら「曙光」にはアートワークについて
語っている部分はなかったため、真実はわからない。だが、Modern Sadnessがアンディ桑原の原点かつ
極北だったことは明白で、やがてマッドジャズを開拓する男の萌芽を感じることができるだろう。
 次回はModern Sadness後の桑原、昭和から平成への歩みに迫る。

[1] 1993年の冷夏によって引き起こされた米騒動の際にはタイ米の稲をサックスに挿して演奏し、
加熱するタイ米バッシングを批判した。
[2] 亀倉サラは日本のアーティスト。
前衛芸術やフルクサスを独自に解釈し、メンバー全員がフルヌードで演奏するストリーキングジャズキングを主宰。
[3] アンディ桑原「曙光」, 2002
第5章 仲良しバンドという出発点 P.167~168

texi by Takaaki Akaishi


Ryohei Kazumi 数見 亮平
1984年東京生まれ。アーティスト。
絵画や版画など様々なメディアによる作品や、zine、オリジナルグッズなども制作。
架空のミュージアムショップことENTERTAINMENTを主催。

Takaaki Akaishi 赤石 隆明
1985年静岡生まれ。アーティスト。
写真を媒材に立体や展示空間へと展開させ、作品を次々とアップデートしていくなど
写真というメディアに対して挑戦的に取り組む。
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD (2012) グランプリや「あいちトリエナーレ2016」などに参加。

TACOMA FUJI RECORDS [タコマフジレコード] / Modern Sadness / 仲良しバンド designed by Ryohei Kazumi

Size:S(着丈:約61cm・身幅:約48cm・袖丈:約18cm)
   M(着丈:約63cm・身幅:約51cm・袖丈:約19.5cm)
   L(着丈:約66.5cm・身幅:約55cm・袖丈:約19.5cm)
   XL(着丈:約69cm・身幅:約57cm・袖丈:約20cm)
染めを含む加工を施しているため、実寸サイズには2〜3cmの誤差が生じる可能性があります。ご了承下さい。
素材:COTTON 100%

※こちらの商品はクロネコ ネコポスでの発送が可能です。
※クロネコ ネコポスは厚さ2.5cm以内になります。複数アイテム購入の場合は佐川急便からの発送になります。


WHAT IS TACOMA FUJI RECORDS

TACOMA FUJI RECORDSは、良質な音楽の紹介を目的としたレーベルです。
が、その実態はクリエイターがデザインやディスコグラフィーまでもを創造した「実在しない音楽」のマーチャンダイズをプロダクト化するレーベルです。なので当然音楽が売っていません。

ですが、その一方ではレーベルの趣旨とは関係なく実在する国内外のグラフィック・デザイナーやアーティストのTシャツを突然リリースしたり、実在するミュージシャンのグッズの企画、製造、プロデュース等も行っています。
SMLXL
5,400円(税400円)
在庫なし
5,400円(税400円)
在庫なし
5,400円(税400円)
在庫なし
5,400円(税400円)
在庫なし
購入数
Soldout